インターナショナル・オープンデータ・デイ2018 @横浜 ― データ活用とオープンイノベーションで切りひらく新しい横浜

インターナショナルオープンデータデイ2018

3月3日に「インターナショナル・オープンデータ・デイ2018@横浜」を開催します。オープンデータ・デイは、世界各国の都市で同日に開催されるオープンデータの祭典で、横浜での開催は今年で6回目となります。

横浜市では、昨年3月に議員提案によって全国で初めて「官民データ活用推進基本条例」が制定され、これまで横浜市が手探りで進めてきたデータとデジタルテクノロジーを活用した社会課題の解決や経済活性化の取組に法的根拠が与えられました。また、この条例制定を受ける形で、横浜市役所は4月に、データや先進技術の活用によってイノベーションを進めるための全庁的な会議体として「オープンイノベーション推進本部」を庁内に設置し、全国の自治体では初となる「横浜市官民データ活用推進計画」の策定を進めています。

IoT、AIなどの技術進展と社会の多様化が進むなか、今年の「インターナショナル・オープンデータ・デイ@横浜」では、社会的課題の解決や新しい価値の創造に向けて、市民、企業、大学等の民間主体と行政との協働により推進する「データ活用」と「オープンイノベーション」のあり方を探ります。

同時開催:さくらWORKS<関内>と泰生ポーチでもインターナショナルオープンデータデイ2018関連企画が開催されます。
子ども・若者向けプログラミングセミナー、横浜市新市庁舎VR体験、「横浜市官民データ活用推進計画」を考える市民会議など実施します。(主催:Code for YOKOHAMA)
https://www.facebook.com/events/219731198590087/

■開催概要
タイトル:「インターナショナル・オープンデータ・デイ2018@横浜」
テーマ:データ活用とオープンイノベーションで切りひらく新しい横浜 (仮)
日時:2018年3月3日(土) 9:45〜16:50(9:15 開場)
※終了後に懇親会あり
会場:ハーバーズ・ダイニング(ヨコハマ NEWS ハーバー)
横浜市中区太田町2-23 横浜メディアビジネスセンター1F
http://www.tvk-yokohama.com/harbors/
参加費:500円(資料代、定員100人)※事前申込制
主催:横浜オープンデータソリューション発展委員会
共催:横浜市
申込:メールで、氏名・所属を記載の上、お申し込みください。メールアドレス: yokohamaopendata@yokohamalab.jp

■内容 <敬称略>(* 3月3日(土)1時現在)
◎オープニング 9:45~10:00
小林一美(横浜市政策局長) ほか <調整中>

★      ★

◎セッション-1 10:00~11:00
「データマーケットで創る楽しい『データ駆動型社会』とは?〜データ利活用型スマートシティ推進事業の報告から」
データジャケットという手法を通じて生み出されるデータマーケットがもたらすデータ駆動型社会に向けた展望を総務省のモデル事業である「データ利活用型スマートシティ推進事業」の成果に基づいて、話し合います。
▽登壇者:
大澤幸生(東京大学工学 教授)
大西浩史(株式会社リアライズ 代表取締役)
岸本伴恵(株式会社富士通エフサス)
日丸邦彦(株式会社ダッドウェイ)
濱口菜々(NTTテクノクロス株式会社)
<一部調整中>

★      ★

◎セッション-2 11:00~12:00
「超高齢・人口減少社会を支えるオープンイノベーション ー子育て・介護・働き方改革」
横浜における先進事例をもとに超高齢人口減少社会を支えるオープンイノベーションのあり方を子育て、介護、働き方改革といった視点から話し合います。
▽登壇者:
伊藤美樹雄(株式会社アイネット 執行役員 企画IR部 統括部長)
鹿野佑介(株式会社ウェルモ 代表取締役)
青木英憲(株式会社ジェイアーク 代表取締役)
菊地加奈子(株式会社ワーク・イノベーション 代表取締役)
木内菜穂子(特別養護老人ホーム 和みの園 施設長)
納 健太郎(アクセンチュア株式会社 デジタル コンサルティング本部シニア・マネジャー)
菊池友香(株式会社ツクイ エリアサービスコーディネーター)
<一部調整中>

★      ★

◎セッション-3 12:45~13:45
「かながわオープンデータ推進地方議員研究会」 セッション
〜議会発オープンイノベーション・EBPM(根拠ある政策形成)で政治を変える〜
自治体が客観的な事実に基づく政策立案や政策形成をいかに展開していくのかという視点から政治主導のEBPMの仕組みや基盤づくりについて考えます。
▽基調講演
小林庸平(RIETIコンサルティングフェロー/三菱UFJリサーチ&コンサルティング経済政策部主任研究員)
▽パネリスト
鈴木太郎(横浜市会 かながわオープンデータ推進地方議員研究会会長)
敷田博昭(神奈川県議会 かながわオープンデータ推進地方議員研究会副会長)
藤崎浩太郎(横浜市会 かながわオープンデータ推進地方議員研究会副会長)
▽進行
草間剛(横浜市会 かながわオープンデータ推進地方議員研究会幹事長)

★      ★

◎セッション-4 13:45~15:00
「横浜は電子国家・エストニアを超えることが出来るのか~マイナンバーと情報セキュリティを中心に」
電子国家・エストニアをモデルにして、マイナンバーと情報セキュリティを基軸にして、横浜が世界に通用するデジタルシティになる道を探ります。
▽登壇者
湯淺墾道(情報セキュリティ大学院大学 学長補佐・教授)
長谷川孝(内閣府大臣官房番号制度担当室 番号制度担当室参事官)
市川博久(アクセンチュア株式会社 オープンイノベーション・イニシアチブ マネジング・ディレクター)
大迫館行(富士ソフト株式会社 執行役員)

★      ★

◎横浜市経済局の取組紹介 15:00~15:15
「オープンイノベーションへの挑戦」
横浜市経済局のイノベーション創出を目指す挑戦について林琢己局長がプレゼンテーションをします。
▽プレゼンター
林琢己(横浜市経済局長)

★      ★

〇提言 15:15~15:30
「横浜市官民データ活用推進計画(素案)」について
横浜市が2月20日に公開した横浜市官民データ活用推進計画(素案)の策定の経緯、計画の目的、施策の考え方、9つの施策、ポイント等について説明します。現在、市民意見を募集中(3月12日まで)。
▽プレゼンター
中村俊介(横浜市政策局政策部 担当部長・政策調整・データ活用推進担当)

★      ★

◎セッション-5 15:30~16:40
「オープンイノベーションプラットホームを構想するー官民データ活用推進計画とリビングラボ、フューチャーセンター」
「オープンイノベーションプラットホーム・横浜を構想する」をテーマに、市民、企業、大学、行政などの多様な主体による参加型セッションです。
▽プレゼンター
ナカヤタエ(株式会社Bonheurボヌール 代表取締役)
尾上伸一(横浜市立飯島小学校 校長)
岩永敏朗(特定非営利活動法人五つのパン 理事)
山田ベンツ(むつかわバールトミーズカフェ)
平沼成基(株式会社北軽井沢エンタープライズ代表取締役社長)
河原勇輝(株式会社太陽住建 代表取締役)
池田孝(横浜市 豊かな体験を通した学びフォーラム実行委員 教諭)
中村愛(株式会社マチマチ社長室)
その他、横浜市内でリビングラボの取り組みを実施・検討している団体
▽コメンテータ
山中竹春(横浜市立大学医学部臨床統計学 教授)
福田次郎(横浜市最高情報統括責任者補佐監(CIO補佐監) / 最高情報セキュリティ責任者補佐監 兼 総務局しごと改革室担当部長) ほか

★      ★

◎クロージング 16:40〜16:50

 

facebookイベントでの告知はこちら(こちらにも参加表明をよろしくお願いいたします)
https://www.facebook.com/events/550722951959881/
*上記のfacebookイベントページで「参加する」を押していただいても正式な申込にはなりません。
申込:メールかフォームで、氏名・所属を記載の上、お申し込みください。
メールアドレス: yokohamaopendata@yokohamalab.jp

【参考】

▽横浜市官民データ活用推進計画(素案)について
(オープンイノベーション推進本部会議:横浜市政策局)
http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/seisaku/oisuishin/

  1 comment for “インターナショナル・オープンデータ・デイ2018 @横浜 ― データ活用とオープンイノベーションで切りひらく新しい横浜

  1. 岸本 伴恵
    2018/02/27 at 08:12

    参加させて頂きます✨😌✨

岸本 伴恵 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です